ハッピーボイスの山口ゆりえです。

連日、アメリカ大統領選挙に関するニュースを見ていて感じたことは、一人一人の信念です。

自分で考えて決める。

だからこそ、誰もが熱狂する程真剣に取り組んでいたのでしょう。

 

アメリカの選挙は全くの素人目線ですが、、、

私は今回のアメリカ大統領選挙に於いて、「決断力」を広く世の中に示してくれた人は、パウエル元国務長官だと思いました。W・ブッシュ政権時代に、アフリカ系アメリカ人として初の国務長官を務められた共和党の重鎮が、6月に民主党のバイデン候補を支持するこを表明。

時に組織を超えて、自分が信じる理念や正義を貫く決断ができるのは、限られた人だと思います。

しかしながら、「その限られた影響力のある人」の勇気ある決断は、多くの人に共感を与えると同時に、一人一人の決断に繋がる気がします。

話題をガラッと地元栃木県に移します(^^)

今週末には栃木県知事選挙があります。大切な2点は、、、

①棄権しない(必ず投票する)

②自分で決める

 

コロナ禍となった今、相応しいトップとは?

「今まで通りのやり方」や「経験だけが通用しない時代」になり、多くの人が「新たな取り組み」にチャレンジしたり模索している中で、「時代を切り開く発想力のある人」にトップに立って導いてほしいというのが、個人的な願いです。

そして平時の際も有事の際も、自らの言葉で伝えられることが、安心や信頼に繋がるのだと思います。

投票日は、11月15日(日)です!!

投票できることは貴重な権利です。与えられた一票の重みを感じながら、選挙に行こう!!